APPバナー

会員ログイン

  • 最近のコメント

  • 電源カフェを共有する

    Twitter

    Facebook

    はてなブックマーク

    mixi

    Evernote

    RSS



    電源カフェ(コンセントカフェ)


    電源カフェ ~(コンセント、Wi-Fi等)ノマド情報サイト > 電源カフェコンテンツ > コワーキング > コワーキング体験 ~ アプリ開発

    基本情報

     
    コワーキングスペースって、コワーキングするのか?
    という疑問を持ったことありませんか?

     
    ノマドワークする場所の1つとして、コワーキングスペースという選択肢はあります。
    ただ、現状で謳われているコワーキングスペースの半数以上は、ワーキングスペースなのではないでしょうか。

    個人的には、ワーキングスペースの方がよく使います。
    既に、自分で動かしている仕事があるので、毎日コワーキングしてたら、作業が進みません。

     
    ただ、「●●したら面白そう」と思っても、自分のできることは限られています。

    社内や友人だけでやろうとすると、各自の優先順位があるので、速度が遅かったり、
    適材にならないならないことが多々あります。
    (大企業の事業開発が、良い例ですよね)

    そんな時、ある意味「その場のノリ」や「意気投合」で適材に出会えるのが、コワーキングスペースの
    良さなのではないかと思っています。

     
    ちょっと、功利的な表現になりますが、コワーキングスペースに顔を出すのは、「種まき」になります。
    事業を作ろうと思った時に、決まった仲間と作っていくのではなく、プロジェクトごとに仲間を変える
    のであれば、一緒に出来る人がどれだけいるかというのがポイント。

    やらかこけし
     
    ということで、実際にコワーキングスペースでアプリの開発しました(してみました)。

    コワーキングスペース:Roobik House
    開発期間      :1.5ヶ月(週に1回MTGと作業は夜の時間や週末メイン)
    メンバー      :エンジニア✕1、デザイナー✕1、その他雑務✕1(私)

    作ったのは、無料のAndroidアプリ。
    Androidにした理由は、試しに出してみたいという話だったので、工数が少ないものを選んでます。
    とにかく、まずはリスクがない状態で、リリースすることを先決しました。
    なので、各人の自分の作業にしわ寄せがないように配慮しながら、空いている時間で作ったイメージです。
     
     
    【詳細はコチラ】やわらかこけし
     
     
    パッと見は、ふざけた感じですが、結構意図はマジメだったりしますよ。

    今回のケースは、アプリ開発ということ以外決めずに、途中で一転二転しながら進めました。
    思った以上に、まとまるもんですね。皆が大人だったら。
     
     
     
    今回の成功(決めた期間内にリリースした)要因としては、連絡を密にしていたことです。
    ・週に1回のMTG
    ・Facebookの非公開グループで共有(進捗確認や気付きを頻ぱんに行う)

    正直、週に1回のMTGがある程度方向性決まってくると、確認事項程度になります。
    そもそも、Facebookでやりとりして、大抵のことは決められるので。
    でも、必ず集まっていました。
    それも半分はコワーキングスペースで、半分は飲み屋で。
    全て遠隔でもできますが、会うことで互いをよく知ることが出来ました。
     
     
     
    よって、コワーキングは成立しました。
    (あとは、これをブラシュアップして、マネタイズをしっかりすることですね)
     
     
     
    ちなみに、電源カフェのアプリも、コワーキングスペースで会った人にお願いしています。

    そして、別で考えている新規事業も、コワーキングスペースの人に相談したり、一緒にやったり
    しています。
     
     
     
    一人でできないこと、社内でできないこと、そんなことが広がっていくと良いですね。
     
     
    Androidユーザーでやわらかこけしを使いたい方は、コチラ
        ↓
    やわらかこけしーGoogle Play


     ※こちらの店舗情報や電源数や場所、Wi-Fi状況、ノマドイメージ等の情報に違いを感じましたら、<訂正リクエスト>をお願いします。

     ※その他のお問い合わせにつきましては、<こちらから>お願いします。